ウォーターサーバーの電気代について

ウォーターサーバーの電気代について

ウォーターサーバーは家電製品と同様に電気によって稼働しています。
ウォーターサーバーは衛生面の観点や、冷水や温水などを瞬時に出すことができるようにするために24時間常に電源を入れておく必要があります。
そのため、ウォーターサーバーを設置すると市販のミネラルウォーターなどよりもずっと安く済むからといって設置してから電気代が高くついてしまい結果的に損をしてしまったといった可能性も考慮しなくてはなりません。

 

では実際にウォーターサーバーに必要となる電気代というのは月々どの程度のものなのでしょうか。
もちろん、ウォーターサーバーの製品によって電気代は変化してくるのですが、平均すると月におよそ1000円前後の電気代がかかるといわれています。

 

これだけ見ると電気代が高くつくと感じる人も多いかもしれませんが、ウォーターサーバーはいつでも5度前後の冷水と80度から90度程度の温水を出すことが出来ます。
つまり、冷蔵庫と電気ポットの両方の機能を備えているということになります。
これらを考えてみると、ウォーターサーバーの電気代が高いかどうかというのはそこまで高くないようにも思えます。

 

また、最近では電気代があまりかからない省エネタイプのウォーターサーバーも登場してきているので、ウォーターサーバーにかかる電気代が基金なるという人はこれらのものを利用することを検討してみてはいかがでしょうか。
ウォータサーバ選びにあわせて読みたいサイト⇒ ウオーターサーバー比較ランキング@電気代、コストを徹底比較

オフィスなどでもウォーターサーバーが人気を集めている

■オフィスなどでもウォーターサーバーが人気を集めている
ウォーターサーバーといえば、家庭用やお店などに設置されているイメージがありますが、最近ではウォーターサーバーを設置しているオフィスがとても増えてきています。
ウォーターサーバーを導入することによって、お茶くみの手間を省いたり、リフレッシュする時間が増えたという声が多いようです。
では、具体的にウォーターサーバーをオフィスに導入することのメリットについて紹介していきます。

 

●コストに優れる
ウォーターサーバーは、大人数が利用する場合などで優れたコストパフォーマンスを発揮することが出来ます。
基本的に、メンテナンスなど輪全て業者の方がやってくれるので、管理なども一切しなくて良いですし、安心して清潔な水をすぐに飲むことが出来ます。
最近では、オフィス向けのウォーターサーバーも多く登場していて、お得なプランなども含まれているのでそれらを利用することによってコストを大幅に削減することが出来ます。

 

●来客などでも安心
スタッフが利用するためだけにウォーターサーバーを設置するのではなく、来客用としても非常に優れた効果を発揮します。
例えば、待合室などでウォーターサーバーと一緒にティーバッグなどを置いておくことによってセルフサービスでいつでもお茶を楽しんでもらえるといったことも可能です。

 

●万が一のための貯水
震災など突然のトラブルで水が出なくなってしまった時でもウォーターサーバーを設置していれば清潔な水を貯蓄することが出来ます。

更新履歴